スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやしの蒸し鍋

DSC02939.jpg


とってもヘルシーな蒸し鍋です。
先日のレシピで使った「カニカマ」が余っていたので、
活用してみました。
「温サラダ」として召し上がって頂くといいかも。
タケノコは、存在感を出した時は大きめに、
食べやすくしたいときは小さめに切ってください。




【材料】~2人分~
もやし      150g
タケノコ(薄切り)50g
カニカマ(食べやすい大きさに裂く)50g
ポン酢      適量
酒        大さじ2
塩・胡椒     少々




【作り方】
①土鍋に、水で洗ったもやし⇒カニカマ⇒タケノコの順で盛る。酒をまわしかけて蓋をして強火。
DSC02939-1.jpg




②「シュー」と音がしてきたら中火にして3分蒸す。ポン酢をまわしかけたら完成。




スポンサーサイト

春野菜の天丼

DSC02928.jpg


春野菜の「新タマネギ」と「タケノコ」を活用した、家庭でも簡単に出来る天丼です。
ワンポイントとして「カニカマ」も天ぷらに。
ちょっと意外かもしれませんが、これが、結構いい味出します!





【材料】~2人分~
新タマネギ(くし型切り) 1/2個
タケノコ水煮(薄切り)  100g
カニカマ(食べやすい大きさに裂く) 100g
温かいごはん       2人分
揚げ油          適量

<衣>
卵+冷水    1カップ
薄力粉    1カップ

<天つゆ>
醤油・みりん 各大さじ2





【作り方】
①170℃の油で、<衣>をつけたタマネギ・タケノコ・カニカマを揚げる。
DSC02928-1.jpg




②鍋で煮詰めた<天つゆ>の半量を、器に盛ったごはんの上からかける。①を盛り付けたら、残りの<天つゆ>をかけて完成。
DSC02928-2.jpg





ふかうら雪人参 & プレミアムにんにくパウダー(青森)

DSC02900.jpg


先日、参加した「野菜ソムリエコンベンション」。
複数の自治体・生産者の方たちが参加され、魅力ある野菜・果物に触れることが出来ました。

そこで今回は、お土産として頂いた野菜を活用したレシピをご紹介。

青森県産の「ふかうら雪人参」。
寒さに充てて作っているので、甘みが強く、アクも少なめ。
DSC02900-1.jpg



こちらは「プレミアムにんにくパウダー」という加工品。
青森県のブランド「TOM-VEGE」として参加していました。
DSC02904-2.jpg




近所で購入した青森県産の「ゴボウ」と合わせてクリームパスタを作ります。
ポイントは生クリームに「味噌」を加えること。
味が引き締まり、コクも出ますよ。









【材料】~2人分~
ふかうら人参   80g
ゴボウ      80g
パスタ(1.6mm) 160g
生クリーム    200ml
味噌       小さじ1
胡椒       少々
プレミアムにんにくパウダー・塩 適量




【作り方】
①人参はささがき。ゴボウはささがきにしたら、アクを抜くために5分水にさらす。

②塩を加えた熱湯で、パスタを袋の表示時間より1分短く茹で始める。茹であがる1分前に①を加えて茹でる。
DSC02907-3.jpg




③鍋に生クリームを煮立たせ、とろみがついてきたら味噌を溶く。②を加えて和え、塩・胡椒で味を調える。お皿に盛り、にんにくパウダーをかけたら完成。
DSC02910-4.jpg





もうひとつ、「きんぴらゴボウ」も作ってみました。
DSC02915-5.jpg


第三回 野菜ソムリエコンベンション

2013年2月、東京にある野菜ソムリエ協会本部にて開催された「第三回野菜ソムリエコンベンション」。


「野菜ソムリエコンベンションとは?
(以下、協会ホームページより抜粋)
日本野菜ソムリエ協会の自治体パートナー*と、広く食産業の方々や協会認定「青果取扱店」「レストラン」「料理教室」など、多岐にわたる“実需者”の方々をつなぐイベントです。

各自治体イチオシの野菜・果物はもちろん、ご当地調味料や加工品などの最新情報が一堂に会します。
日本各地の生産者さんから直接お話を伺える貴重な機会でもあり、現地でしか出会えないような新たな地域食材を発掘できる貴重な機会です。


*自治体パートナーとは?
各地の地域振興に寄与すべく2010年4月より「野菜ソムリエ自治体パートナー制度」を開始。
協会の理念に賛同し、農業の活性化を目指す地域と、今までにないアプローチを実現する取り組みです。
すでに青森県・高知県・宮崎県・西条市・豊橋市・鳥取県・南信州広域連合・徳島県・十和田市・山形県が登録、様々な活動を行っております。今後も、新たに各地域から登録予定があります。




今回、参加された自治体は、やはり非常にハイレベル。
その中でも、自分の一押しはこれ。
青森県の「ふかうら雪人参」。
「雪」とついているので、冬をイメージしますが、旬は春。
冬の寒さに耐えて、甘みを増した人参です。
RIMG13214-3.jpg



そのまま人参を絞り、なにも加えていない100%ジュースを頂きましたが、とっても飲みやすかった!
RIMG13214-2.jpg





こちらは山形県の「雪菜」。
白菜のような食感&風味で、漬物にしてもGOOD。
RIMG13214-4.jpg



他にも、果物や加工品なども展示。
自分のクライアントさんにも紹介したい、と思うものもありました。
まだまだ越えなければいけないハードルはありますが、良いビジネスパートナーになれれば嬉しいです。

アボカド明太サラダ

13214.jpg


コクのある「アボカド」と「明太子」を混ぜ合わせた特製ドレッシングで食べるサラダです。
ポイントは隠し味の「ゴマ油」。
ほのかなゴマの風味が良いアクセントになります。






【材料】~2人分~
アボカド     1個
明太子      1/2腹
ゴマ油・レモン汁 小さじ1
白ゴマ・塩・胡椒 少々
お好みのサラダ  適量




【作り方】
①アボカドは皮をむいて小さめの乱切り。変色防止と下味をつける為にレモン汁をかけて混ぜ合わせる。


②皮を取った明太子・ゴマ油・塩・胡椒を加えて混ぜ合わせる。お好みのサラダ(キャベツの千切りやベビーリーフなど)の上に盛りつけ、ゴマをふったら完成。
RIMG13214-1.jpg

アスパラ天の明太子パスタ

RIMG13211.jpg


アスパラガスから発見されたことが名前の由来にもなっているアミノ酸の一種、アスパラギン酸。
新陳代謝を活発にし、疲労回復や美肌づくりに効果的です。

油との相性もGOOD。
意外な組み合わせですが、けっこう、おススメです。


【材料】~2人分~
アスパラガス 6本
パスタ    200g
明太子ソース(市販) 2袋(2人分)
揚げ油・塩  適量

<衣>
卵+冷水   合わせて1/2カップ
小麦粉    1/2カップ




【作り方】
①アスパラガスの下1/3は固いので、ピーラーで皮をむき、長さ3等分に切る。
RIMG13211-1.jpg




②軽く混ぜ合わせた<衣>をつけて、170℃の油で①を揚げる。塩を加えた熱湯で茹でたパスタとソースを和え、アスパラガスと一緒に盛りつけたら完成。
RIMG13211-2.jpg



菜の花と新タマネギの卵スープ

RIMG13208.jpg


まだまだ寒い日が続きますが、時折、日差しに「春の暖かさ」を感じることも。
スーパーにも「春野菜」が出回り始めています。

そこで、今回は「菜の花」と「新タマネギ」の簡単!スープです。
ゴマの風味もきいていて、やさしい風味の仕上がり。
それに加え、季節感のあるレシピなので、是非、試してみてくださいね。




【材料】~2人分~
菜の花    1/2輪
新タマネギ  1/2個
竹輪     小2本(60g)
卵      1個
鶏ガラスープ 600ml
醤油     小さじ1
ゴマ油    適量
白煎りゴマ・塩・胡椒 少々




【作り方】
①菜の花は塩を加えた熱湯で1分下茹でし、冷水で冷やさずにそのまま粗熱を取る。タマネギはくし型切り。竹輪は2cmの輪切り。

②鍋にスープを沸騰させたらタマネギと竹輪を加えて1分煮る。
RIMG13208-1.jpg




③醤油・塩・胡椒で味を調え、溶き卵を流し入れる。8割ほど固まったら器に盛り、下茹でした菜の花とゴマを盛り付ける。最後にゴマ油をまわしかけたら完成。
RIMG13208-2.jpg





ブラウンマッシュルームの大蒜バターチャーハン

RIMG13201.jpg


プリッとして見た目もかわいい「マッシュルーム」。
今回は「ホワイト」ではなく、コクのある「ブラウン」を使います。
しっかりとした味の「大蒜バターチャーハン」に入れても、存在感のある風味と食感なので、楽しめますよ。
調理のポイントは、マッシュルームとベーコンをしっかり炒めたら、最後に「酒」を加えること。こうすることで、雑味が取れ、旨みが増して、やさしい風味になります。

それともう一つ。
マッシュルームも含めて、「きのこ」は水洗い厳禁!
旨みや栄養素が流れてしまいます。
汚れを取りたいときはキッチンペーパー等で拭き取りましょう。
RIMG13201-0.jpg












【材料】~2人分~
ブラウンマッシュルーム 150g
ニンニク(薄切り)   2片
タマネギ(みじん切り) 1/4個
ショウガ(みじん切り) 1片
ベーコン(3cmに切る) 40g
温かいごはん      200g
卵    2個
バター  20g
酒    大さじ2
醤油   小さじ1
サラダ油 大さじ1
塩・胡椒 少々




【作り方】
①フライパンに油とニンニクを入れて中火で焼く。ニンニクが茶色く色づいてきたら、一旦取り出す。
RIMG13201-1.jpg




②同じフライパンにベーコンを入れて強火で焼く。ほんのりと焼き色がついてきたら石づきを切り、縦半分に切ったマッシュルームを加える。しんなりするまで炒めたら、酒を加えて炒め合わせる。水気が飛んだら、一旦取り出す。
RIMG13201-2.jpg




③同じフライパンにバターを加える。半分くらい溶けたら溶卵を流し入れる。卵が半分くらい固まったらごはん・タマネギ・ショウガを加えて強火で炒め合わせる。
RIMG13201-3.jpg




④ごはんがパラパラになるまで炒め合わせたら、②を戻し入れる。炒め合わせたら、塩・胡椒・醤油で味を調えお皿に盛る。最後に①を添えて完成。
RIMG13201-4.jpg





カラダぽかぽか 豆腐ハンバーグの生姜あんかけ

RIMG13128.jpg


カラダが温まる「生姜」。
生姜湯や生姜鍋など、活用レシピもたくさんありますよね。
今回はその生姜を「あんかけ」にしたレシピです。
ポイントは「生」と「粉末」を使うこと。
ピリッとした辛さの「生」と、ほんのりとした風味&甘みの「粉末」。
やさしさの中にも存在感のある「あんあけ」になります。
(今回、使用した粉末の生姜湯は黒糖入りなので、とてもまろやか)

さあ、温まりましょう!






【材料】~2人分~
木綿豆腐      200g
合びき肉      200g
生姜(千切り)   適量
青ネギ(小口切り) 適量
ナツメグ・塩・胡椒 少々
サラダ油      大さじ1

<あんかけ>
かつおダシ     200ml
醤油・片栗粉    各小さじ1
生姜湯(粉末)   大さじ1/2





【作り方】
①水きりの為、豆腐は角切りにして熱湯で1分程茹でたら、ザルにあけそのまま粗熱を取る。
RIMG13128-1.jpg




②ボウルにひき肉とナツメグ・塩・胡椒を加えて混ぜ合わせる。粘りが出てきたら①を加えて混ぜ合わせ、ハンバーグの形にする。
RIMG13128-2.jpg




③熱したフライパンに油を入れて強火で②を焼く。片面に焼き色がついたら返し、フタをして弱火で6分焼いたらお皿に取り出す。
RIMG13128-3.jpg




④一度綺麗にしたフライパンに良く混ぜ合わせた<あんかけ>を流し入れる。混ぜ合わせながら加熱し、とろみがついたら③にかける。最後に生姜と青ネギを盛り付けて完成。





ミニトマトのスコッチエッグ風

RIMG13125.jpg

RIMG13125-1.jpg


ミニトマトを活用した1品です。

日本ではトマトを「生」で食べることが多いですよね。
でも、世界的には「加熱」して食べることがほとんど。
イタリアの、煮込んで作る「トマトソース」などはその最たるもの。
そして、調理用トマトや加熱用トマトとも言われる、イタリアでポピュラーな「サンマルツァーノ」という品種は、「加熱すると旨みが増す」特徴を持っています。
トマトをそのまま食べる、というより、ソースや調味料として活用する、という意識の方が強い印象です。

今回は、ミニトマトを加熱して(揚げて)食べるレシピです。
程よい酸味と旨みを味わえますよ。




【材料】~6個分~
合びき肉        100g
タマネギ(粗みじん)  1/4個
ミニトマト       6個
卵           1個
サラダ油        大さじ1
揚げ油・小麦粉・パン粉 適量
ナツメグ・塩・胡椒   少々
お好みのサラダ     適量




【作り方】
①熱したフライパンに油を入れてタマネギを中火で炒める。5分程炒め、茶色く変色してきたら、一旦取り出して冷蔵庫で冷やす。


②ボウルにひき肉を入れ、混ぜ合わせて粘りを出す。そこに①・ナツメグ・塩・胡椒を加えて混ぜ合わせる。
RIMG13125-2.jpg



③ミニトマトを肉ダネで包み、小麦粉⇒溶き卵⇒パン粉の順につける。160℃(低めの温度)の油で3分程揚げたら強火にし、焼き色がしっかりついたら取り出す。サラダと一緒に盛りつけたら完成。
RIMG13125-3.jpg



プロフィール

星野 訓生

Author:星野 訓生
野菜ソムリエ
日本野菜ソムリエ協会講師

豊富な調理経験をもとに、野菜を中心にした企業・飲食店向けメニュー開発や、家庭料理レシピを提案する。

【著書】
「日本野菜ソムリエ協会の人たちが本当に食べている美人食」
(共著・祥伝社)

「からだにいい食べ方」   (2013秋.文芸社)

【コンテスト受賞歴】
2014年6月
我が家のとっておき
夏のトマトレシピコンテスト
夏のトマトレシピ部門 
優秀賞受賞
○トマトの冷奴

2014年6月
第1回
ゲンキのモトレシピコンテスト 
我が家の一番レシピ 
オイシックス賞受賞
○ナポリタンうどん

KJC賞
○ジャガイモのお好み焼き

編集室賞
○ナス餃子

2013年10月
全国ゴーヤー料理レシピコンテスト2013
チューリップ賞受賞
○ゴーヤーのきんぴら

2013年8月
家族で楽しむこどもごはん
人参レシピコンテスト 優秀賞
○キャロット・ヌードル・スープ

2013年7月
クックパッド×アサヒビール
お手軽チーズおつまみレシピ 家族で囲む!おかづまみ賞受賞
○豆腐キムチのチーズグリル

2013年6月
クックパッド 
我が家のラーメンレシピ びっくりアレンジ賞受賞
○丸ごとトマト添え、冷やし塩ラーメン

2012年11月
北海道のほたてスピードレシピコンテスト 前菜部門受賞
○ほたてと香味野菜のスパイスたたき

2012年10月
アサヒオフに合う
ヘルシーおつまみレシピ
うまいオフ賞受賞
○茄子と蛸のサンラータン炒め

2012年9月
おきなわ食材 レシピねっと
全国ゴーヤ料理
レシピコンテスト2012
沖縄ホーメル賞
○ゴーヤとスパムのスパゲティ

2012年8月
ナスラックKitchen
あなたの自慢レシピ 掲載賞
○イタリア風トマトそうめん

2012年4月
象印
第13回
わが家の自慢料理コンテスト入賞
○野菜たっぷり!
肉巻きチーズコロッケ

2012年4月
アサヒビール×羅臼漁業組合
ウニレシピコンテスト 金賞受賞
○ウニと菜の花のたまご丼

2012年3月
ミツカン
「みんなのオリジナル鍋
    レシピコンテスト」
準グランプリ受賞
○アボカド蒸し鍋

2012年2月
亀田製菓
「COFFEEに合う 
    変わり種グランプリ」
グッドアイデア賞 受賞
○柿の種のアボカドクロワッサン

2012年1月
サントリー 金麦
「華やか米レシピ」
金麦賞 受賞
〇ポーク肉巻きおにぎり

2011年12月
ダイエー
「うち鍋55 
  鍋レシピコンテスト」
優秀賞受賞
〇アボカドのカレー鍋

2011年11月
JA全農新潟×クックパッド
「わが家のおにぎりレシピ」
大人のおにぎり賞受賞
〇照り焼きマイタケにぎり

2011年11月
アサヒビール
「ズバうま!秋のおつまみ」
優秀賞受賞
〇ナスのピリ辛味噌田楽焼き

2011年11月
ドクターズプラザ
「第二回えむぞぅくん健康レシピ大賞」特別賞受賞
〇キンピラゴボウの温玉ごはん

2011年10月
アサヒビール「オリジナル鮭レシピコンテスト」金賞受賞
〇鮭とアボカドのクロワッサン

2011年10月
雪国まいたけ&富士シティオ「きのこレシピ」最優秀作品
〇エリンギの
  ミートーソースグリル
〇たっぷりキノコの
      トマトカレー

2011年9月
TBSテレビ はなまるマーケット「サケ料理選手権」優勝
〇サケとトマトのだし茶漬け

2011年7月
キリン「午後の紅茶おいしい無糖」と楽しむ手軽で簡単!トッピングサンドレシピ コンテスト アイディア賞受賞
○アボカドのタルタル・クロワッサン

2011年6月
宝酒造「あなたの極旨おつまみレシピコンテスト」優秀賞受賞
○長ネギと納豆の包み焼き
○アスパラガスの味噌焼き
○グリーンピースとしらすのフリット


mytaste.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

嵯峨青果食品ブログ 安心・安全の京野菜をおとどけ

横浜市都筑区、センター南「 さくカイロプラクティック 」腰痛、肩こり、頭痛、骨盤矯正、慢性疲労など

わんこの目線で、神社巡りをするのでR♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
パすけ食堂
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。